2019年10月17日

カラオケ文化の日

スポンサーリンク

【広報担当のつぶやき】

10月17日はカラオケ文化の日だそうです。これは1994年のこの日に「日本カラオケ事業者協会」が設立されたことで制定されたとのこと。

あれ?意外と最近なんですね。

シロウトが歌手になりきって(最近はプロも行くみたいですが)歌を楽しむカラオケは、1970年代に日本で生まれたと言われています。当初はスナックなどお酒を飲む場所が中心でした。

しかし、歌を口ずさむ、というのは人間の根源的な欲求なのかもしれません。

手軽に演奏に乗せて(エコーを効かせて)好きなだけ声を出して楽しむカラオケはまたたく間に人気を博し、それが歌う場所やスタイルにも多様性をもたせました。カラオケボックスや通信カラオケが誕生し、いまでは一人カラオケや昼カラも人気です。

そして世代や海を越えて広まり、KARAOKEは今や世界語となっています。日本が生んだ世界的な大発明のひとつであることは間違いないでしょう。

ストレス解消にはもちろん、アンチエイジングにも効果的というカラオケ。

大泉カルチャースクールにも大人気のカラオケ歌謡教室があります。ぜひ一度覗いてみては?

しかし、以前仕事でご一緒した第一興商の方々は、職業柄とは言えびっくりするほどカラオケが上手でした。

スポンサーリンク

一覧へ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。