世界から東京に人がくるから、日本人であることを極めたい。
本格的なお箏を、地元で学べます。

生田流おこと教室

箏 (こと)の魅力を、誰にでも。

琴 生田流 大泉カルチャースクール

琴と箏。どちらも「こと」と呼びますが、じつはまったく違うもの。「琴」はハープのように何本もの弦をそのまま奏でるタイプ。一方「箏」は弦を「柱(じ)」と呼ばれるもので弦を支えながら音をつくっていく種類の楽器。

一般的に日本で言われる「琴」は、実際は「箏」。生田流は日本の「こと」界を代表する流派です。

生田流は江戸時代中期に京都で生まれ、西日本を中心に広まった流派。

生田流は角爪を用い、この角を有効に使うため楽器に対し左斜め約45度に構えます。
独奏曲において技巧が発達しているのが特徴です。
「春の海」で有名な宮城道雄も、はじめて師事したのが生田流箏曲の二代菊仲検校でした。

選曲は親しみやすく、演奏する楽しさを大切にしています。

生徒さん全員で気持ちよく演奏できるように、レッスンは学術的で難しい技巧や選曲を避けて、楽しく親しみやすい内容にしています。

【箏の扱いについて】
箏は先生からの貸出となりますので、ご購入いただく必要はありません。
貸出料金は月3,000円で3ヶ月分をまとめて先生に直接お支払いいただいております。
人の身長よりも長く大きなものですが、スクールに大切に保管されていますので、毎回持ち運ぶ必要はありません。

今まで一度も箏に触れたことのない方も、吉岡先生の指導のもと、すぐにほかの生徒さんとレッスンをしていただける環境が整っています。

受講料は3ヶ月一括ですがレッスンは月の途中からでもご参加いただけます。
見学無料・体験料1,000円(税別)ですので、まずはお気軽に教室をのぞいてみてください。

講座名 生田流おこと教室
週・曜日 金曜日 / 第二週、第四週
時間 12:00 〜 15:00
受講料 初級21,560円・中級24,560円(月2回/3ヶ月一括・税別)
講師紹介

吉岡 千恵子

体験 見学無料・体験料1,000円(税別)
※見学・体験とも随時
お問い合わせ・お申し込みはコチラから
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。