2019年9月12日

中秋の名月は満月とは限らない!?

スポンサーリンク

【広報担当のつぶやき】

2019年の中秋の名月は9月13日(金)です。

しかし、満月は次の14日(土)とのこと。

なんで?

「中秋の名月」とは、太陰太陽暦(注)の8月15日の夜に見える月のことを指します。中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。

今年は9月13日が中秋の名月、翌日の9月14日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。

太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になります。今年は8月30日(新月の瞬間は19時37分)が太陰太陽暦の8月1日、9月13日が太陰太陽暦の8月15日となります。一方、天文学的な意味での満月(望)は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間の月のことを指します。今回は、9月14日13時33分に満月となります。

今年のように、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。

注:明治5年まで日本で使われていた暦。月の満ち欠けをもとに1カ月の日付が決められていました。

国立天文台「ほしぞら情報」より

なるほどー。特別なことではないんですね。

「中秋の名月」の解説は専門家におまかせするとして、月といえば地球と人間に昔から多くの影響とイマジネーションを与える存在でした。

とくに芸術、絵画や音楽では付きをモチーフにした作品がいかに多いことか。

暑さも一段落して、練馬区では13日の20時くらいから雲が晴れてくるという予報が出ています。

ゆったりと月を観ながら、頭にイマジネーションが浮かんだら、絵画・音楽その他さまざまな講座が充実した大泉カルチャースクールで気になる講座をぜひ体験してみては?

スポンサーリンク

一覧へ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。