2019年9月22日

ラグビーW杯開幕!海外ゲスト多数来日!

スポンサーリンク

【広報担当のつぶやき】

ニッポン!初戦勝ちましたね!ニワカですけど興奮しました!

うろ覚えですけど、オープニングの試合前に耳にしたのが、「キミたちはいつまで仲間内でパスを回しているのか」と森元首相が言ったことで、アジア初、ラグビーワールドカップの日本招致が決まったのだとか。

たしかにラグビーという単語は知っていても野球やサッカー(サッカーも昔は…ですけど)のように根付いているとはいい難い競技でしたが、これを機会に子どもたちがラガーマンに憧れるようになってくれるといいですね。

まだ大会は始まったばかりですが、11月までの約1ヶ月半、世界中からファンが訪れます。すでに外国人のファンで盛り上がっている光景を見た方も少なくないでしょう。

こういうきっかけで日本に来て、さまざまな体験を通じ、ファンになってもらう。来年に控えた東京オリンピック&パラリンピックもあります。いいですか? これはめったにない機会です。自分自身の体験としても、日本の宣伝としても、海外からのゲストに対する「おもてなし」の準備をする最良のタイミングです

そのためには、まず、言語に対するコンプレックスを解消すること。払拭しましょう、とは言いません。先方も、多くの場合、違う言語の国に来たことをわかっています。お互いに歩み寄れるレベルの言語環境ができれば、ほら、十分にコミュニケーションは成立するはずです。

「2019年のラグビーワールドカップがあったときに知り合ったニュージーランドの人と仲良くなった」

とか

「2020年のオリンピックで来日したスペインの人から感謝された」

とか、そういう人生の記憶に残るスペシャルな体験が待っています!!!

練馬区は関係ない!って思ってます? インターネット時代、漫画やアニメの聖地として意外なほど世界中で知られていたりするので、外国の方に関わるきっかけは驚くほど多い可能性があります。

大泉カルチャースクールのLIC外語会話スクールでまずは体験から!

 

スポンサーリンク

一覧へ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。