手を使うことで脳も活性化! 作品もつくれて一石二鳥の講座です。

手あみ & ゆび編みサークル

ゆび編み 考案者の直接指導で、
楽しく、のんびり、優雅に、

編み物を完成していただけます。

生徒さんたちの最新作品画像が届きました!
ゆび編み 大泉カルチャースクール

ご希望に合わせてゆびあみのほか、棒あみ・かぎ針あみのレッスンもおこなっております。

◇2015年10月22日発売「脳が若返る! 楽しいゆびあみ」日東書院
篠原先生の著作です。

 

篠原先生は日本ヴォーグ手編み師範、NPO法人ゆびあみ協会の理事長。
ゆびあみの考案者としてNHK「おしゃれ工房」にも出演しました。

針を指に替えて手で編み物
ゆび編みは、針を指に替えて手で編み物をする事です。
従来、針を使って編んでいたものを同様の動きで、指先だけを使いながら、作品を編みます。少しお稽古するだけで覚えられます。

お子様からご高齢の方まで、誰にでもマスターできて、自分の好きな作品を編むことができます。

ゆび編み・手あみ(棒あみ・かぎ針あみ) どちらでもOK!

ゆび編みでも手あみでも、ご希望に合わせてお好きなコースを選ぶことができます。作品ごとにチェンジすることも、もちろんOK!!

みなさん個々にお家に飾る小物や実用的なアイテム、季節やレベルに合わせた作品を、レッスンを受けながら自由に作って楽しむことができます。

「ゆびあみインストラクター」の認定証を授与
NPO法人日本ゆびあみ協会の理事長である篠原先生から、協会公認の認定書を授与しています。インストラクターを目指す方は是非トライしてみてください。
篠原先生は1982年に全国毛糸手芸編み物教室協力主催「全国あみものコンクール」1位の実績。
日本ヴォーグ手編み師範の資格を1988年に取得。

ゆび編み 大泉カルチャースクール


ゆび編み 大泉カルチャースクール

【篠原先生の出版物等】
1983年、月刊「染織α」(染織と生活社刊)に作品を発表し、
984~1996年の毎秋、作品展を開催する。
1996年、ゆび編み(ゆび編み3技法)を考案
1997年「ゆびで編む」(星の環会刊)
1998年「ゆびで編むマフラー&帽子 」(ブティック社)
1999年「はじめてのゆび編み」(日本ヴォーグ社)
その他多数


詳しくは、篠原先生のブログ「 ゆび編みどっとこむ」をご覧ください。

 

ゆび編み 猫グッズ 大泉カルチャースクール
▲2016年10月5日発売の篠原先生の新刊は、猫ちゃんのために編んであげるゆび編みグッズ満載の本。帽子、首輪、寝具から人間用まで、キュートな猫グッズの編み方が写真入りでわかりやすく紹介されています。猫ブームの今だから要チェックですね!

ゆび編み 猫グッズ 大泉カルチャースクール
ゆび編み 猫グッズ 大泉カルチャースクール

講座名 手あみ&ゆび編みサークル
週・曜日 月曜日 / 第二週、第四週
時間 10:00 〜 12:00
受講料 5,940円/月
備考 ※月2回
※LIC外語会話スクール校舎での講座です。
講師紹介

篠原 くにこ

1969年、大学を卒業後、家業の服飾業を手伝うことがきっかけで、小さな手芸店を経営することとなる。
その傍ら、手芸教室やニットデザインスクールなどに通い、しだいに手編みに興味を持つようになり、1982年「全国あみものコンクール」(全国毛糸手芸編み物教室協力主催 )で1位となる。
同年、手編み教室「毛糸小屋」を設立。
1988年、日本ヴォーグ手編み師範を取得。1983年、月刊「染織α」
(染織と生活社刊)に作品を発表し、1984~1996年の毎秋、作品展を開催する。

男性向けの編み物教室で参加者が編み棒をうまく扱えなかったのを見た篠原が編み棒を使わずゆびで編む方法を考案した。新宿高野社長室長の天野秀治が篠原に「手で編んでみたら?」と提案したことがきっかけとなり、1996年、ゆび編み(ゆび編み3技法)を考案。

2003年、NPO法人日本ゆび編み協会を設立し、理事長に就任。

【出版物等】
1983年、月刊「染織α」(染織と生活社刊)に作品を発表し、1984~1996年の毎秋、作品展を開催する。
1996年、ゆび編み(ゆび編み3技法)を考案
1997年「ゆびで編む」(星の環会刊)
1998年「ゆびで編むマフラー&帽子 」(ブティック社)
1999年「はじめてのゆび編み」(日本ヴォーグ社)
その他著書多数

http://www.yubiami.com/

体験 見学無料・体験1,080円(材料費別途)
お問い合わせ・お申し込みはコチラから